So-net無料ブログ作成
検索選択
商品選びとコーチ、メンター ブログトップ

商品選びとコーチ、メンター選びで自分の求めるものを見つける [商品選びとコーチ、メンター]

僕は、中学の時、軟式テニスをしていました。
1年の頃は、自転車自転車で登れない様な所を
うさぎ跳びで往復させられていました。(1km位)

後は、走ったり走る人、空気椅子、壁すり、腹筋、腕立て
玉拾いや素振りでした。

たまに、ボールを打たせてもらっていましたが
まともに打てませんでした。

たぶん、一番下手でした。

これではいけないと家家へ帰って、さらに素振りや
壁打ちを毎日していました。
この頃は、何も考えず同じことをしていました。

唯一の問題としては、実践をしていないので、
自分がどの位上達しているのか?
どの位の位置にいるのかがわからないことです。

その後、3年が引退し、1年と2年だけになった時、
2年にも勝てる様になっていました。

でも、試合に行くといい所で、負けていました。

理由は、きちんと教えられるコーチがいないという
環境のせいにしていました。

後に、高校で硬式テニスをした時も同様で、
きちんと教えられるコーチがいないという
環境のせいにしていました。

しかし、ダブルスに比べ、シングルスでは、
すぐに負けていました。

実は、緊張し、メンタル面がかなり弱かったのです。

その環境のせいにするのと、メンタル面が弱いのは、
自己投資をして、心理学を学ぶまでなおりませんでした。

ここから、本題ですが

商品を選ぶ時、どうやって選ぶか?

無料の試供品や容量の少ない安いもので、
お試しして、自分にあった物を選ぶのではないでしょうか?

妻がこのボディーソープやシャンプーを選んだ理由は、
自分にあったのが「これだった」とのことだった。


F1000585.JPG

無添加ボディーソープ

コーチ、メンターを選ぶ時も
格安体験や著書本などを読んで「今の自分が望むものを提供出来るか?」とか
「信用出来るか?」などを見極めるために、最少の投資だったら
違っていても痛みが少なく、何度か繰り返すと「これだ」というものに
出会えるのではないでしょうか?

ただ、100%自分が望むものに出会うのは、なかなか難しいし、
マスターマインドが違っていて、苦しく感じることがあるかもしれませんが

そんな時は、欲張らず、自分の目的だけを習得することに
専念すれば、よいと思います。

まとめると、

自分の求めるものを明確にし、
それを最小限の自己投資で見つけることだけに
まず、フォーカスして、行動し続けることが

自分の求めるものを見つける方法だと思います。

最後に、言霊や想念や信念なども重要なので、
謝世輝先生の本はおすすめです。

http://ameblo.jp/vq6pt3l/entry-10796854147.html

言霊の法則
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
商品選びとコーチ、メンター ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。